艶つや習慣 効果なし ハサミ

MENU

はさみを使って自分でイボを切るの?それって危険!

首にできてしまったポツポツしたイボはつい触ってしまうことがあり、顔など目立つ部分と同じように気になる事があります。

 

首にできることのあるイボは、年齢を重ねることで古くなった角質が固まってできるものや、ウィルス性のものなどがあります。

 

一度病院などで診察を受けた時に、液体窒素を使って治療をおこないその後、はさみで切り取るという治療を受けたことがあるという人がいると思います。

 

このような治療を受けた人の中には、イボは簡単にはさみなどで切り取る事ができると思っている人もいるようです。

 

しかし、自分ではさみを使って切り取った時に、たくさん出血をしてしまうことがあり、そうなると傷になって跡が残ってしまうことがあります。

 

また、根元から取り除くことができていないと、また同じところにできてしまうこともあるのです。

 

ウィルス性のイボの場合には、他の部分にウィルスがついてしまうことで新しいイボができてしまうことがあります。

 

ですから、首にできてしまったイボははさみを使って自分で取り除こうとしてはいけません。

 

ウィルス性のイボは免疫力が下がらないようにすることが大切になってきます。

 

 

年齢を重ねることでできてしまったイボは、ターンオーバーを整え肌への保湿をおこないダメージを抑え、さらに紫外線などによる刺激を受けないようにするようにしましょう。

 

クリームやジェルを使いスキンケアをしっかりするとが大切になってきます。

 

そこでオススメなのが、イボとりオールインワンジェルの艶つや習慣です。

 

艶つや習慣は、あんずエキスとハトムギエキスが含まれていることで、硬くなってしまったポツポツとしたイボを柔らかくしてなめらかに整えてくれます。

 

その他にも、保湿成分が多く含まれているプラセンタエキス・アロエベラ・ヒアルロン酸が含まれています。

 

艶つや習慣は、毎日のスキンケアをしながら角質ケアをする事ができ、オールインワンジェルなので手軽に毎日使い続ける事ができ、気になるイボも取り除く事ができます。