顔イボと老人性イボの原因

MENU

えっ?この顔イボって老人性イボなの??

ふとある日、今まで無かった所にポツンと出来物的な物が出来ていたりしたことはありませんか?

 

「え?これってもしかして、イボかも?」

 

今までイボとは無縁だったから、何が原因でイボが出来たのかも判らない。
このイボ、放って置いて良いのか取った方が良いのかも判らない。
この様な人は多いのではないでしょうか。

 

 

イボと一言で言っても色々な種類があります。
ですが、多くの場合は、「老人性イボ」「老人性疣贅」と呼ばれるイボでしょう。

 

名前の通り、加齢と共に増えるイボで80代以上の人ならばほぼ100%持っていると言われています。
また老人性イボと呼ばれていますが、20代30代の若い年齢でも出来ることがあります。

 

できる場所は、顔や、首、脇、太ももなど、さまざまな場所にできます。
特に、顔イボ、首イボとして悩んでいる人がおおいのではないでしょうか。

 

老人性イボの主な原因は、紫外線と言われています。

 

紫外線は、実はとても強いエネルギーを持った光線です。
皮膚の細胞を傷付け、シミやシワの原因にもなります。

 

皮膚は、紫外線から細胞を守る為、メラニン色素を生成したりしてお肌を守ります。

 

生成されたメラニン色素は、通常であればお肌のターンオーバーのタイミングで、他の老廃物や不要な角質と共にお肌から排出されます。
しかし、加齢によってお肌のターンオーバーが乱れると、メラニン色素の排出が滞り、お肌にメラニン色素が蓄積されてしまいます。
すると、この蓄積されたメラニン色素が沈着し、シミになります。

 

老人性イボの出来るメカニズムも、このシミのメカニズムと同じなんです。
加齢によって衰えたお肌は、不要な角質や老廃物を排出する事が出来ず、角質が溜まり膨らんでいく事で、イボへと進化します。

 

 

老人性イボは、皮膚の良性腫瘍の一つです。
放っておいても身体に害はありません。

 

また、「一つ出来たイボをきっかけにドンドン増える。」なんてこともありません。
つまり、他の皮膚に移るということはありません。

 

うつることはありませんが、顔イボはどんどん増えていく人が多いです。
それは、加齢が原因であるため、顔イボや首イボが新しくできているのです。

 

では、顔イボは、簡単に取れたり治療したり出来るでしょうか?

 

顔イボは、自然に取れることはありません。

 

一番確実な治療法はクリニックへ行って取ってもらうことです。

 

多くの人は、身体に害がある訳でもないからと放置しています。

 

目立つ所にイボが出来てしまった人は、イボを取る方法を色々と試しています。

 

民間療法や市販のイボ取りケア製品などを試す人も多いですよ。

 

民間療法だと、ハトムギ茶を飲んでみたり、オイルでマッサージしてみたりが多いですね。
市販のケア製品も多く発売されています。
たとえば、「艶つや習慣」などが該当します。

 

病院へ行くほどではないけれども、イボがないに越した事はないと言う人は試してみてはいかがでしょうか。