顔イボとイボコロリ

MENU

イボコロリは、顔イボには使用禁止!使えるのは、内服薬の方!

顔イボと言われても、歳を重ねた人が悩む物だと思っていました。

 

でも、ふと気付いた時に顔にイボが出来てしまったことありますか?

 

小さいながらも、ショックです。
かなり気分が、落ち込みますよね。

 

目立つ場所にあるので、気にしない様にしているつもりなのに、つい我知らず触っていたりします。
こんな風に出来てしまった顔イボを、どうにかすることができないでしょうか。

 

イボには、色々な種類があります。

 

無害ながらも、誰にでも出来る可能性があるのが、老人性イボ(顔イボ)です。

 

身体に害もなく増えたりすることもないですが、自然に消えてくれたりはしません。
イボを取るためには、やはり何らかのケアをしないといけないのですね。

 

こんな時、イボと言えば「イボコロリ」なんじゃないかと思います。

 

「使った事はないけれど、イボがポロリと取れるんじゃないか。」と。
イボコロリは、確かにイボの除去に特化した製品です。

 

でも、ちょっと待って下さいね。
私のイボは顔に出来ました。

 

イボコロリの注意書きをちゃんと読んで、がっかりです。
注意書きには、「顔面、目の周囲や唇、粘膜など」に使用できないと書かれています。

 

イボコロリは、顔イボには使えません。

 

イボコロリの成分であるサリチル酸は、顔などの皮膚が弱い部位に使うには強力すぎるのですね。

 

そもそも私は、敏感肌ですぐお肌が荒れてしまうので、イボコロリを塗ってイボを取るのは諦めた方が良いのですね。

 

では、どうすれば良いでしょう。

 

実はイボコロリには外用の他に内服薬もあります。
内服薬は、イボの除去に効果のある成分が配合されており、身体の中からイボの除去を行います。

 

イボコロリの内服薬は、ジワジワとイボに効いていますが、即効性はありません。
継続して飲み続ける必要があります。

 

効果を実感することが難しいので、途中で止めてしまうリスクもあります。

 

イボコロリの内服薬を試す場合は、他のイボケア製品を一緒に試すと良いですよ。

 

薬とは言わないまでも、イボをケアする為の化粧品・医薬部外品は多くあります。

 

イボコロリ内服薬を継続して服用し、プラスして他のイボケア製品を使う事で、効果の相乗効果を狙えるのですね。

 

たとえば、「艶つや習慣」などを使ってお肌の外からイボケアをしてあげると、より効果が上がると言われています。

 

内服薬であれば、顔に塗ってお肌が荒れる可能性も低いですよね。

 

どうしてもイボが取りたいなら病院に行った方が良いですが、我慢できるくらいのイボならば、内服薬でケアを続けてみましょう。